【お知らせ】営業再開予定6月1日〜

【お知らせ】

この度の新型コロナウイルスの影響による居酒屋しのや店舗休業におきましては、お客様をはじめとします関係各所の皆様にはご迷惑をお掛け致しております。大変申し訳ございません。 皆様にご愛顧頂いておりました今までの「居酒屋しのや」として再開する為に、もう少しだけお時間を頂戴いたします。 皆様には引き続きご迷惑をお掛け致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

«営業再開予定日» 6月1日(月)
月~木 17:00~22:00 (L.O 21:00)
金・土 17:00~24:00(L.O 23:00)
日曜定休(祝日の場合のみ月曜)

5月23日(土)をもちましてお昼の弁当は終了します。
桑野店のみ夜のテイクアウト営業は継続いたします。(17:00~)

株式会社 しのや

休業期間延長のお知らせ

この度の新型コロナウイルスの影響による居酒屋しのや店舗休業におきましては、お客様をはじめとします関係各所の皆様にはご迷惑をお掛け致しております。大変申し訳ございません。
休業期間につきましては5月6日(水)までとご案内させて頂いておりましたが、政府による緊急事態宣言の発表を受けまして、5月17日(日)まで休業延長の対応をさせて頂く事に致しました。
何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

《休業延長期間》
5月6日(水)〜5月17日(日)
(今後の状況もふまえまして変更や再開の際には改めましてご報告致します。)

株式会社しのや

 

店舗営業は休業しておりますが、居酒屋しのや桑野店では昼のお弁当販売・夜のテイクアウトは引き続き継続して承りますので、たくさんのご注文お待ちしております! 今後とも居酒屋しのやをよろしくお願いします。

テイクアウト情報は下記リンクを御覧ください。

居酒屋しのや、法人様向けお弁当・テイクアウト開始(5月1日〜)

おうちでde野菜 旬野菜の宅配サービス 開始

この度、株式会社しのや 旬鮮直しのやでは、旬野菜の宅配サービスをはじめました。

ご好評のため曜日関係なくご予約できる様になりました。
ありがとうございます!!!

旬野菜の宅配サービスは、

美味しくて家族から喜ばれます!!

自分で買わない野菜は特別感を感じられます!!

コロナで買い物に行きづらい!!を解決します!!

◯旬鮮直しのやのポイント


 朝採れ新鮮はもちろん季節ごとの旬素材が手に入る!

 買い出しによる新型コロナウイルス感染症 感染リスクを宅配で軽減!

 普段なかなか家庭では食べられない天皇献上実績!農林水産大臣賞受賞!の食材が手に入る!


ご注文は下記3種類からお選びいただけます。


①旬野菜セット3000円セット(税込)¥3,000

②旬野菜セット5000円セット(お⽶⼊)(税込)¥5,000

③旬野菜セット5000円セット(お⽶無)(税込)¥5,000

※発送のお客様は送料が県内1430円(代引き⼿数料込)かかります。県外についてはお問合せ下さい。株式会社しのや事務所(居酒屋しのや桑野店)まで取りに来れる⽅は、無料となります。


詳しくは下記PDFを御覧ください。
(2ページ目FAX注文用紙になっています。)

https://shinoya.co/wp/wp-content/uploads/2020/05/54a9383805bb566e8ce9d6ecdc41fd6b.pdf

●注文は裏面FAXもしくはLINEまたは、EAT STYLE KORIYAMAでのお願いいたします。

●食材集荷の関係で朝採り野菜は火曜、金曜限定となります。
しのや桑野店にて上記曜日以外も受け取り可能です。(事前予約必要)
宅急便お届けは水曜日・土曜日(火曜日・金曜日発送)

●LINEご注⽂のお客様●
下記のLINEコードを読み取り、

LINEhttps://line.me/ti/p/YPYLMGqag1#~

【旬鮮直⾷材しのや】宛に
①お名前
②お届け先ご住所
③電話番号
④受取⽅法(事務所受取or宅急便)
を記載の上、お送りください。

 

◯関連Web・SNSリンク
Instagram
https://instagram.com/syokuzai_shinoya?igshid=14z3fl5wnk9r1

LINE
https://line.me/ti/p/YPYLMGqag1#~

EAT STYLE Koriyama(ネットショップ)
https://koriyama.eat-style.jp/products/list?category_id=2

◯お問合せ
株式会社しのや
福島県郡⼭市桑野2−7−1 TEL 024-983-0787

居酒屋しのや、法人様向けお弁当・テイクアウト開始(5月1日〜)

5月1日より法人向けお弁当とテイクアウト販売サービスを開始いたします。

◯法人様向けお弁当
法人様向け弁当は、5種類ございます。天日干し100%コシヒカリ使用!地元野菜をふんだんに使用しております。

数に限りがあり、仕入の状況によりご提供出来ない場合がございますので予め電話でご注文くださいますようお願い致します。

営業時間:11:30〜14:00(月〜土)
注文受付:10:30〜13:30

お電話:024-983-0787

 

 

◯テイクアウト炭火串焼き、野菜逸品、鮮魚、おつまみ、揚げ物に加え日本酒、ジュースのドリンクメニューも取り揃えております。日本酒テイクアウトのお客様に特製グラスプレゼント!!

事前にご予約いただきますとスムーズ(ドライブするー可能!)にお受け取りいただけます。

営業時間:16:00〜20:00(月〜土)
注文受付:10:30〜19:00

お電話:024-983-0787

 

事前ご予約受付中です。

新型コロナウイルス感染予防に伴う店舗休業のお知らせ(休業延期)

 

【店舗臨時休業のお知らせ】

日頃より「居酒屋しのや」をご利用頂き誠にありがとうございます。

この度の新型コロナウイルスにおける政府からの発表を受けまして感染拡大防止、従業員の安全面も考慮いたしまして店舗休業の対応を取らせて頂くことに致しました。

日頃からお世話になっております、お客様をはじめ、各業者様、生産者の皆様にもご迷惑をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い致します。

«休業期間»
4月8日(水)~4月19日(日) 5月6日(水)

(営業再開につきましても今後の状況をふまえまして改めてご報告致します。)

株式会社 しのや

対象:郡山駅前本店、桑野店、食材しのや 食材しのや4月19日(日)より再開いております。

新入社員佐々木雄亮の白河市ガンバ農園アスパラガスリポート

皆さん、初めまして!
4月から、しのやの社員としてお世話になる佐々木雄亮です!元気と笑顔で頑張ります!よろしくお願いします!

早速ですが、ブログを書かせていただきます。
私たちは 3月26日(木) に白河市にある「ガンバ農園」を訪問してきました。
ガンバ農園では今、アスパラガスが出荷時期を迎えています。
そのアスパラガスを紹介して頂いたのは親方こと、ガンバ農園の「鈴木博之」さんです。親方のアスパラガスに対する愛情がそっくりそのまま美味しさとして表現されています。

さて、アスパラガスと聞いて、皆さんが思い浮かべることは何でしょうか?茹でると美味しい!勿論そうです。が!ここガンバ農園のアスパラガスは一味違います。なによりも甘い!
実はアスパラガスは、夏頃から冬の間が糖度を貯める期間に当たります。そのため、アスパラガスは1年を通して美味しく育てるための作業があるが故、作業に休みはありません。因みに、今年のアスパラガスの甘さの根源となる株の糖度は23度というから驚きです。これを実現させるためにおこなう生育時の努力があるからこそ、私たちはこれからの出荷時期に美味しい甘いアスパラガスが食べられるのです!

その美味しいアスパラガス。試しに断面を切って見せてもらうと、溢れてくる水分!この水分が甘みと、噛んだ際のジューシーさを生み出しているのです!しかし成長に伴いその水分量も減っていくそうです。やはり「美味しい次期」つまり旬にしっかりと味わうことが、農産物を食べる上での贅沢と言えるでしょう!

そんなアスパラガス栽培の中でも親方のこだわりは、殺菌、殺虫剤は基本的に使用しないこと。また、アスパラガスは鮮度が命ということで、取り置きはしないことだそうです。いいもの、新鮮なものをお客様に。という親方のモットーと、一番美味しい状態で食べてもらうための努力がそこにはありました。
実はその他にも親方のこだわりはあります!それは、夏場にも美味しいアスパラガスが食べられるようにすることです。夏場おいしいアスパラガスはいつの時期に食べても美味しい!ということで日々試行錯誤して、夏も美味しいアスパラガス栽培に取り組んでいます。

 

そして親方も自分一人で成功した訳では無いようです。
栽培をはじめた震災以降、これまでの感謝の気持ちを胸に、特に地元福島県内の方々に食べていただきたいという、地元愛を全面に押し出して活動しています。それに伴って賛同者も増えることで地域も活性化されて、これまで以上に親方の周りには多くの輪が出来上がっていく様な気がします。

その一員として、私たち飲食に携わる者としては、これからもこの生産者の気持ちを伝えていくために、目で見て耳でストーリーをきいて味わって美味しいという料理を提供していかなくてはと思います。

辛い時もあるけれどココロは負けずに、世の中に合わせたやり方をして物事に取り組むという親方の姿勢を胸に、私たちはその「美味しいもの」を提供して参ります。

それではぜひ、親方のアスパラガスを吟味しに、しのやへお越しください!以上、佐々木がお伝えしました。

【第七回】スタッフ紹介【篠原祐太郎】

しのやファンの皆様、大変長らくお待たせいたしました。

我が社の代表取締役、篠原祐太郎氏のご紹介をさせて頂きます!

社長の熱い気持ちを表現するには力不足感も否めませんが、僭越ながら編集致しました。
自分の注釈は蛇足かと思われましたので、取材にてお話しいただいたことだけをまとめております。


簡単に社長のプロフィールを、公にされている中でも堅めのものを引用して・・・

「飲食業界での経験を活かし、29歳で独立。
翌年に2号店をオープンさせた後、株式会社を設立。
お客様・従業員の幸せはもちろん、地域発展や若者の夢を応援できる企業を目指しています。」

あまり異常に堅くやりすぎると怒られますのでこれくらいで・・・(笑)
そんな社長の、従業員目線からのインタビューを、どうぞ!!


○居酒屋を起業した理由

「居酒屋は短所が長所になる場所だから。
身体的特徴の一般的に短所と呼ばれるところでも、自ら笑いに変えることでお客さんはそれだけで楽しんでくれる。
自分みたいな短所だらけの人間も、居酒屋で働くと輝けると思ったから、居酒屋を起業した。
震災がなかったら居酒屋しのやはなかったかもしれない。
今現在自分が持っているノウハウで自分がやりたいお店だったり、表現したいことを表現するっていうことを考えた時に、居酒屋っていう業態のお店を出すことが一番成功率の高いことかなって思った部分もあった。」

(泉田さんを誘った理由は?)
「最初は泉田さんとやる予定じゃなかった。
三人で創業する相談をするとか計画書を作る場に、なぜかいつも泉田さんもいて、お酒飲みながらどんなお店がいい、こういうお店を創ろうっていう意見が出て、すごく楽しかった。
自分以外のメンバーで当時、結婚して子供がいたのは泉田さんだけだった
そんな人を雇う、一緒に起業するっていうのは、すごくリスクのあることだと思った。
人数が増えれば増えるほど、自分が言いだしっぺで失敗したら、その人達も飯が食えなくなる。
一緒にやって満足のいく給料をあげられる自信がなくて、誘いづらかった。
けど、何故かあの人は一番最初に会社を辞めて。そう、誘う前に会社辞めたんだよ。
本当は創業してうまくいって二店舗目出す時に、絶対泉田さんは誘うつもりだった。
辞めたって言われて、そこから別の会社に勤められて1、2年後に誘いづらくなるのも嫌だったから、三人で話し合って改めて誘った感じ。」

(創業時の不安は?)
「起業の時は反対されることはなかったけど、むしろ居酒屋で夜勤務し始める当初は、めちゃめちゃ反対された。
夜働いて家にいないっていうこと自体が、奥さんからするとありえないと。
居酒屋の仕事をしながら家庭との両立を考えた時に、朝方帰ってきても子供の世話も家事も家族サービスも行ってきた。
自分がやりたい仕事をやるなら覚悟をもって、それでも家族を幸せにすることを考えたら、極端かもしれないけどそういう行動で示してきた。」

○作りたかった店舗の構想

「働いてる人、お客さんがすごく楽しいお店。」

○居酒屋に務めていなかったら

「居酒屋でなくても、飲食店はやっていたかな。
もともと父親が宿泊業をやっていて、自分が小学生の時に他界して、母親が経営していたけど一年足らずで廃業。
ゆくゆくはそのペンションを買い戻して経営したい、父親の意志を継ぎたいという気持ちがある。
お金が掛からずに、お金を稼ぎながら勉強できる技術を考えたら「旨い飯を作ること」に行きついた。
居酒屋に努めなくても、飲食店で料理の腕は磨いていたんじゃないかな。」

○泉田さんの第一印象

「目つきの悪い、柄の悪い人いるなと思った。
最初は、前の居酒屋で奥さんが常連で、その繋がりも後から知ったし。
しゃべれば気のいい人だと思ってたけど、本当に最初は、いいイメージではなかった。」

○居酒屋の店長像

「誰よりも向上心を持っていなくちゃいけないし、誰よりもお店を好きじゃなきゃいけないし、誰よりもみんなのこと考えていなきゃいけない。
お客さんともスタッフとも、誰よりも近い人間でいたいというのもあった。
一番先頭でふざけて楽しくやっていないと、その下のスタッフが楽しいことなんてまずないし。
あとは、店長は誰よりも先を見ていなきゃいけない。
現場のスタッフには目の前のお客さんを満足させることに集中してもらって、自分は数時間後、数か月後の先のことを見るように。
しゃべりながら遊びながら、先のことを考えるっていうのが店長の仕事かなと思っていた。
アルバイトだと間違われるような店長になりたかった。
風通しのいい、スタッフが自分になんでも言ってくれる環境が作りたかったし。」

○創業時と変わったこと

「やりたいことは変わらないけど、それに至る手段が変わってきた。
社長の立場じゃないとできない仕事をすることで、今現場にいるスタッフが将来、自分たちの生活の幅とか職業の選択肢を増やしたり、やりたいことを実現できるような土壌を創ることが今の仕事。
やっていることの本質は変わっていない。会社で誰よりも楽しんで仕事していると思う。
やろうとしていたことより壮大なことはしているかな。」

○仕事のモチベーション

「毎日じゃないかな。自分が出したお店に黙っていてもお客さんが来てくれて幸せだし。
そのお店でお世話になっている農家さんが作った野菜を調理して出して、お客さんが喜んでくれて。
自分が創りたい世界を実現できることって、こんな幸せなことはないよね。
自分はすごく幸せ者だなと思う。毎日がハッピーデー。」

○仕事と家庭の両立

「ちゃんと家族を大切に出来ない人間は、お客さんもスタッフを幸せにできないと思っているので、一番近くにいる家族にどうやって感謝を伝えるかが大事かなと。
家族との信頼関係は、他の家よりあると思う。でもそれは、奥さんの力が強い。
自分がいない時でも奥さんが子供に対して、不平不満じゃなく、自分がいかに子供を愛してるかとか家族の為に仕事しているかを伝えてくれているから、信頼関係が築けていると思う。」

○「しのやの店長」に求めるもの

「自分がやりたいことをやってもらえればいいと思う。
お店に対して、従業員に対しての想いはもっていてほしいと思うけど、それをどう表現するかはその人の自由。
店長っていう仕事は責任があるし、覚悟がいる仕事だと思うから、誰かに言われてやる仕事じゃない。
自分がやりたいことがないと店長ってやっちゃいけないと思う。
自分が見られる範囲のスタッフやお客さんを一生懸命大事にするのが、店舗の店長だと思う。」

○やりたいこと(事業)

「教育!
自分が働くようになって働くことがこんなに楽しいと思うけど、学生時代は働くっていうことにネガティブなイメージを持っていた。
働くことの楽しさ、有意義な時間を過ごせること、色んな勉強ができる楽しさを知ってほしい。
早く社会に出たいとか、どんなことがやりたいとかを考えて勉強する学生さんが増えることで、福島県という土地がもっと魅力的になっていくと思う。
そのために、今のうちからやっていきたい。
子供たちにもっと地元の企業を近く感じてもらいたい。
教育っていうか、学生と触れ合いたい、話したい。」

○やりたいこと(社内交流)

「もっと従業員と遊んだ方がいいと思うんだよなぁ。
俺がやりたいことじゃなくて、みんながやりたいことをやったらいいよ。
あとは、単純に遊びにいくか。
みんなで温泉旅行とか。仕事のことしゃべるの禁止にして。」

○何したら喜んでくれますか

「みんなが楽しんでればそれが嬉しいんじゃない?」

○あなたにとってしのやとは

「言葉にすると安っぽくなるなぁ。
家族であり、友達であり、戦友であり・・・
しのやはしのやでしかないよね。何事にも代えがたいもの。
誰よりもスタッフ好きだし、お客さん好きだし、生産者さんのこと好きだし。愛だよね、愛。
愛すべき馬鹿が集う場所、じゃない?馬鹿はよくないか・・・
予想のつかないもの。びっくり箱。」

以上、社長との対談でございました!


社員紹介ブログ、満を持しての社長回でしたが
新入社員が増える度に更新予定ですので最終回にはなりません!!
今年もたくさんの皆様にお世話になりました、ありがとうございます。
来年もどうぞ、よろしくお願い致します!!!
年末更新の山内でした~!

【第六回】スタッフ紹介【泉田将徳】

予告編のアップからひと月・・・
大変お待たせいたしました!すみません!
本編二本立て同時公開です。映画みたいですね!アッ、ハイ、ゴメンナサイ


まずは我が社取締役、泉田将徳さんです!

今回は泉田さんの簡潔かつストイックな返しを皆様にも体感して頂きたく、自分の説明などの蛇足な部分は入れておりません。
力不足感は否めませんが、なるべく伝わるような編集を心掛けました!

○居酒屋を起業した理由

「みんなが居酒屋をやろうとしていたから。
自分が居酒屋をやろうとした訳ではなく、居酒屋を起業しようとしていた三人のメンバーに最後に加わっただけ。」

(メンバーに入った理由は?)
「当時勤めていた会社に飽きたから。このままいっても自分が成長しないと思って。
休みもあって、ボーナスもあって給料の面でも待遇はよかったけど、仕事の中身はあまり面白くなかった。
とりあえずそこで人の繋がりを作ることと、なるべく早く出世したいっていうのがあって。
もともと30才には自分で飲食をやろうと思っていた。」

(起業の不安は?)
「自分はやるだけだからね。
どちらかといえば嫁が二人目を妊娠中で、最終的には話して理解をもらってから動いた。
もしだめって言われていたらやらなかったと思う。」

○つくりたかった店舗の構想

「ない!(笑)
起業メンバーそれぞれの特色、やりたいことっていうピースが決まっていたから、自分はやろうと思えばどこでも出来たから、サブに入るような感じだった。最初はドリンカーにいたし。
最初のころは、店舗の営業を回すことに力を使っていた。スタッフそれぞれ光るものがあるんだけど、各自が飛び抜けたことだけやっていても回らないから。お客様もスタッフも全体を見る人間が一人はいないと。
自分でどういう店にしようっていうのはなかったかな。
逆に社長には、自分が借金してリスク背負っているんだから、自分がやりたい店をやったらとは話していた。」

○居酒屋に務めていなかったら

「飲食でもなければ、仕事自体していないんじゃない?
中学を卒業した時には飲食業をやることを決めていた。
実家が自営業で忙しくて、教わったのはキャッチボールと自分で自分の飯を作ることの二つだった。
野球で飯を食えないとわかってからは、勉強もしていないし飲食しか残っていなかった。
勉強は昔から好きじゃない。本も読まないし。
答えが一個に決められている理数系は好きじゃない。
料理、飲食はおいしいっていう正解があって、それに至る過程を自由に決められるのがいい。」

○社長の第一印象

「庄屋で初めて会って、まぁその前から野球で名前は知ってたけど・・・なんだろう、テキトー?(笑)
最初にしゃべった時は別に自分の職業も言ってなかったし、名刺出来て渡したら「同業かよ、最初に言ってよ」って。それで今度飲みに行こうってなって、しばらく店に出てないと思ったら、あっち入院してたの。
その後何人かで飲みに行ったのが最初かな。それが12月に週三とかで飲むようになって。
起業の話はそのだいぶ後かな。」

○居酒屋の店長像

「目標にしていた人物像は、ない。
そこの人物像の正解は、自分じゃなくて周りが決めることだと思っているから。
その時いたスタッフが楽しい雰囲気を作れている人間なら、それが正解なのかな。
自分がいいと思ってても周りと合ってなかったら違うし。
こういう人になりたいとかは、持たないようにしていた。
理想の形とか人とか、聞かれてもわからない。」

○創業時と変わったこと

「人がいなくなりました!
会社になってからの目標自体、三人とも考え方もバラバラだった。
五年計画で自分は出店数も10店舗行かないくらいの構想でいた。」

(仕事に対しての考え方は?)
「考え方も変わってはいないんじゃない?やることをやるだけだから。
創業当初はやらなきゃいけないことがあって、それをとりあえずやっていくだけだったけど、やることを作るっていうことに変わった。」

○仕事のモチベーション

「モチベーションなんてものは、ない。
そんなものを持とうとするからそれに左右されて、自分の気分とかやる気で仕事ができるできないと変わる訳で。
モチベーションという概念がなければ、気分が沈んでいようがやることは変わらない。
個人的感情でみんなの給料が上がるんだったいくらでも出すけど。
みんなが幸せになれればいいと思う。
そう思わせてくれるスタッフがいるっていうのは幸せなことだと思うね。」

○「しのやの店長」に求めるもの

「何もいらないんじゃない?
そういうことを考えすぎてるからなれないのかもしれない。
やればやるで誰でもできると思う、今のメンバーは。
責任なんてものはその立場にならないとわからないし、それでいいと思う。」

○仕事と家族の両立

「それは自分じゃなくて、奥さんだと思う。自分が何かやっているというよりは。
仕事の話でも、お客さんとの付き合いの話でも、なんでも話すし。」

○やりたいこと(事業)

「その時にやるべきことがあって必要なことがあればなんでもやるんじゃない。」

○やりたいこと(社内交流)

「もうちょっとやってもいいのかなぁとは思う。
節目ではやった方がいいよね、忘年会とか新年会とか。」

○何したら喜んでくれますか

「人に喜ばせてもらおうと思って生きてないから。
みんなが喜んでいたら喜ぶんじゃない?
みんなの給料が上がって稼げるようになったら、良かったってなるのかもしれない。
数字が確保できるなら営業時間も短縮したいと思うし。」

○あなたにとってしのやとは

職場です。(即答)
あえて何って考えなくても、一部になっているというか。
毎日意識しないでやっていること、普通の人がトイレ行くぐらいの気持ちで、当たり前にしのやに来る。
トイレ。しのやはトイレです。」

以上、しのやストイック王、泉田さんのインタビューでした!


実は私、泉田さんと面と向かってしっかりお話をさせて頂くのは、今回の取材が初めてでございました。
取材中何度「ストイック!」と言ったかわかりません。
現実的な面でスタッフもお店も支えてくれる、支柱のような方だと再認識いたしました。
記事で伝え切れているかはわかりませんが・・・

それでは、感情面と精神的な支柱である篠原社長の回に続きます!

【予告編】スタッフ紹介【取締役】

みなさん、こんにちは!
スタッフ紹介も大詰めを迎えて参りました。
我らがしのや取締役、お二人の取材をさせていただきましたよ!!
一つにまとめようとしたところ大変な文量になり、読むのも疲れてしまうことを懸念し・・・
今回は予告編という形で、お二人に共通して質問した内容をコンパクトにまとめてみました。
本当に語った内容、本編への興味がそそられるのではないかと思います。
共通なものと真逆のものがあり、そこもポイントです。

○「居酒屋」を起業した理由

篠「居酒屋は短所が長所になる場所だから。
身体的特徴の一般的に短所と呼ばれるところでも、自ら笑いに変えることでお客さんはそれだけで楽しんでくれる。
自分みたいな短所だらけの人間も、居酒屋で働くと輝けると思ったから、居酒屋を起業した。」

泉「居酒屋を企業しようとしていた三人の創業メンバーに最後に加わったっていうだけ。
あとは、当時勤めていた会社に飽きたから。このままいっても自分が成長しないと思って」

○作りたかった店舗の構想

篠「働いてる人、お客さんがすごく楽しいお店。」

泉「ない。社長には、起業のリスクを背負った分やりたい店をやったらとは伝えていた。
最初のころは、店舗の営業を回すことに力を使っていた。」

○居酒屋に務めていなかったら

篠「居酒屋でなくても、飲食店には務めていたと思う」

泉「飲食でもなければ、仕事していないんじゃない?」

○お互いの第一印象

篠「目つきの悪い、柄の悪い人いるなと思った。」

泉「テキトー?」

○理想の居酒屋店長

篠「誰よりも向上心があり、お店を好きで、みんなのことを考えて、先を見る、距離感の近い人間。
しゃべりながら遊びながら、アルバイトだと思われるくらい近しくて、それでも先のことを考える店長でありたいと思っていた」

泉「目標にしていた人物像はない。
その正解は自分ではなく周りが決めることで、こういう人とかは決めないようにしていた」

○創業時と変わったこと

篠「やりたいことは変わらないけど、それに至る手段が変わってきた。
社長の立場じゃないとできない仕事をすることで、今現場にいるスタッフが将来やりたいことを実現できるような土壌を創ることが今の仕事になった。」

泉「やることをやるだけっていう考え方は変わらないけど、やることを創るっていう仕事に変わってきた。」

○モチベーション

篠「自分が創りたい世界を実現できる毎日が幸せ」

泉「モチベーションなんてものはない。」

○仕事と家庭の両立

篠「家族に感謝を伝えて信頼関係をつくること。でも、自分が何かしてるっていうよりも奥さんの力が強い」

泉「自分がどうこうよりも、奥さんだと思う」

○しのやの店長に求めるもの

篠「自分がやりたいことをやってもらえればいいと思う。」

泉「何もいらないんじゃない?
そういうことを考えすぎてるからなれないのかもしれない。」

○今やりたいこと(事業)

篠「教育?働くことの楽しさ、有意義な時間を過ごせること、色んな勉強ができる楽しさを知ってほしい。
教育っていうか、学生と触れ合いたい、話したい。」

泉「その時にやるべきことがあって必要なことがあればなんでもやるんじゃない。」

○今やりたいこと(社内交流)

篠「もっと従業員と遊んだ方がいいと思うんだよなぁ。
みんなで温泉旅行とか。仕事のことしゃべるの禁止にして。」

泉「もうちょっとやってもいいのかなとは思う。
節目ではやったほうがいいよね。忘年会とか新年会とか。」

○何したら喜んでくれますか

篠「みんなが楽しんでればそれが嬉しいんじゃない?」

泉「人に喜ばせてもらおうと思って生きてないから。
みんなが喜んでいたら喜ぶんじゃない?」

○あなたにとってしのやとは

篠「しのやはしのやでしかないよね。」

泉「職場です(即答)」

【第四回】スタッフ紹介【田辺雄大】

お待たせしました、スタッフ紹介です。
とうとう大詰めとなりました。

今回は社員最年少二人目にして、社員歴は社員で最長。
居酒屋しのや駅前本店所属の
田辺雄大さんです!!

○現在のお仕事内容

居酒屋しのや駅前本店で、現在は店長代行として店舗を任される田辺さん。
五月末で常松さんが抜けたこともあって、新しいポジションで悪戦苦闘しながらの営業は毎日忙しく。
そこにセミナーや生産地見学、店舗ミーティングに店長会議・・・などなど、聞いただけでも目のまわるような忙しさ。

「今やってるのはまず、店長代行としての店舗運営。
営業中は調理場、六月からは刺し場でカウンター前に。克さんは焼場だから。
刺し場をアルバイトに教えるとかは、まだかな。
コンロのオーダーだけで回せていないので、アルバイト自身に教わる余裕がないと思う。
調理場のアルバイトはメインで二人、営業が忙しい時にちょっとホールのアルバイトが手伝いにくるような形。」

個人的なイメージでは、駅前店は鮮魚と地物野菜でメニュー構成をしていて、お客様もそれが目当てでの利用が多いように思っていました。というか、桑野店との違いを説明する時の常套句でした。
実際、自分が働いていた時には各テーブルに船盛りが乗っていたような印象があります。
そんな駅前店で、今まで焼き鳥を守っていた田辺さんが、魚を捌き、カウンターのお客様と会話する姿は、実は想像すらあまりできません。

「自分の考えとしては魚よりも、地元で作られた野菜を販売した方が、思い入れも違うし、調理の幅も違う。
ホールスタッフやカウンターの自分が説明する時も、見学した農家さんの野菜だったりしたら、しやすさだって違う。
もちろん、地物野菜だけって固執はしないけど、鮮魚の取り扱いも美味しく飲んでもらうための、俺ができる手数の一つとしか思っていない。」

言葉で説明するよりも食べたらいい、どんだけ美味しいか。
そう勧める田辺さんの言葉は、体験談で身近に感じて本当に食べてみたいと思うものでした。
嫌いなものがあるからこそ田辺さんには、語り尽くせない「食べたときの感動」があるんだと思います。

○飲食店と居酒屋の魅力

「誰でも出来ることでしょ。資格なくても、スキルがなくても、別に入ってから料理はできるし、包丁も使えるし。
拘束時間が長いとか、辛いとか、飲食店のイメージは変えたいとは思う。
高校生や大学生の就職活動で、例えば実家を継ぐとか目的がない限り、今のイメージじゃ飲食店の募集に魅力は感じないと思う。稼げそう、やりがいがありそう、面白そう・・・そんな夢を見られないイメージと環境が出来上がってる。
自分がバイトあがりだから、まずはそこのイメージを変えていきたい。」

居酒屋に勤めたい!と一念発起して入社したわけではなく、お世話になっていた社長に誘われたから、という人情に熱い田辺さん。
なので、居酒屋の魅力というか好みを聞く形になりました。

「自分が行くなら、小奇麗で気を使うような居酒屋とかは自分が苦手かな。勉強として行くだけになっちゃう。
楽しみでいくとしたら綺麗すぎず気を使わず居やすくて、あとやきとりがあればいい。
穴場の個人店とかは、常連さんばっかりで入り辛くなっちゃうから、その中間くらいのところかな。」

○理想の店舗

人事異動が一旦終わって、これからどんな店になっていくのか楽しみな駅前店。
店舗運営をする上での方向性を聞きました。

「【利用するお客様側】ではなくて、どうしても【働くスタッフ側】からの考えになってしまうけど。
なによりも、とりあえずスタッフがどう思うかを第一に考えたい。
スタッフが働きやすい店。新しい子が入りやすい店にしたい。
みんなと話し合いながら店舗創ってくような感じ。どうしたいこうしたいっていうのは、まず自分がなんでも聞くし。
仕事上で指示することはあっても、やっていることを否定はしたくない。人に強要はしたくないから。

ただやっぱり、一店舗目として変えちゃいけない部分があるし、それがプレッシャーに感じることもある。
どんな店にしたいっていう希望以前に、守らなきゃいけないと思う。」

勉強が苦手、という田辺さん。
そう思っている分なのか、人一倍考えていて、人に聞くことでコミュニケーションをとっている印象を受けました。
そんな田辺さんを間近で見ているお二人の意見がこちらです。

「口調はキツい時があるけど、なによりアルバイトさんのこと考えてて、一緒に考えながら指導してる。
口は悪いけど、アルバイトさんのことをすごく大事にしてると思う。」


「口悪いですけどね。
同じ目線で居られる唯一の相手だと思ってますし、すごく助かってるしやりやすい。
少しため込んで考えすぎちゃう部分があるので、そこは自分と割る2したらちょうどいいのになーと思う。
今すごく店舗の雰囲気もいいので、あとは田辺さんが前に出て、先導してくれればもっと良くなるかな。」

口調がきつくて誤解されやすい優しい人、というのがよくわかりました(笑)

○しのやで変わったこと

「俺、あんま変わってないんじゃないかな。入った頃と、その前からも。
ここで「メンタルが強くなりました」なんて言ったらややこしい。全然、メンタルなんて強くなってない。
暗黒期?誰しも通って来るでしょうよ、会社に入ったら。何やってもうまくいかない、考えてやっても全然はまらない、そんな時が。でも結局乗り越えるしかないんですよ、止まってたって辛いままだし。
自分はまず、忙しすぎて辞めたいとか思う隙もなかったと思う。初期とか営業時間も長いし、営業を回すための準備の時間だって必要だし。もう、その時の記憶があんまりない。
変わったというか、教訓として得たこととしては「辛い時こそ突っ走れ」っていう感じかな。がむしゃらにやるっていうことは、変ったかな。」

○上役二人の尊敬するところ

ほぼオープンスタッフの田辺さんは、社員の中で社長と取締役を一番長く見ている人。
だからこその部分がないかと、お伺いしました。

「なんだろう、寝ないで仕事出来ることだなぁ・・・。
寝ないとか、休まないとか、よくわかんない。そういうところは、すごいな、俺にはできないな、と思う。
やりたいとは全然思わないけど。自分の時間、自由がないのは辛い。
見習いたい部分も・・・ないって言ったらおかしいけど、別に何か真似てやったところで、同じ風にはなれないし。
他の誰かになろうとは思わないし、見習うよりは自分にしかないところの方が大事だと思ってる。
まぁそれが何かはわからないけど。」

○しのやでやりたいこと

「最近そんなに頭が追い付いてないんだよなぁ。
毎日お通し何にしようとか、仕込みやんなきゃとか考えてていっぱいで。
農業。大変だろうけど、農業やってみたいかな。
何か育てたいし、土触ってんのいいな。成長が直に見られるのがいいと思う。
人でも感じるけど、植物は素直そうだから。
あ、でも営業と並行して農業やるとかは無理。
やるんだったらしっかり、農業一本でやりたい。」

○あなたにとってしのやとは?

「あんまり思いつかないな、だめだな、怒られるなぁ。」というくらい悩んでおられました。
が、絞り出していただきました。

「職場って感じではないけど、複雑。
遊び場?遊び場にしたいところ。
自由に、何やってもいい・・・わけではないけど。法は犯さずに。」

以上!
いつだか寿司でコンビを組んだ二人による対談?インタビュー?でしたー!!