須賀川市にお住まいの方初めまして

皆様こんにちわ!!しのやの篠原です。

 

遂に3店舗目である居酒屋しのや須賀川店オープンいたしました!!しのや須賀川店のコンセプトは、従来のしのやの商品を売れ筋の商品にのみしぼり、商品数を減らし、その代わりにその季節にある食材やお酒にスポットを当てました。

「ふくしまの旬を味わえるお店」

福島には多種多様な食材、お酒がありそれを美味しく食べる食文化も多様にあります。それは季節ごとにいや、月ごとや週ごとに違います。それを「居酒屋しのや」今日の福島を楽しめるお店を目標としてお客様に表現できたらと思います。

内装は極めてシンプルにお座敷のお席とカウンター席のみの全80席の二階建てのお店でございます。

中には掘りごたつ席の10名様まで入れる個室を用意。接待や大事な方とのお食事にも最適です。

 

2階のお座敷席は全50名様まで入れます!!通常は写真のように4名様ずつのテーブル席にしていて15名様程度の個室にすることもできます。

店長の紹介も致します。

名前 鈴木貴文

生年月日 昭和60年11月28日

出身地 古殿町

出身校 日本調理技術専門学校

様々なジャンルの飲食店に勤務。和・洋・中にジャンルを超えた商品の提供が可能です。メニューにない商品のご注文にも喜んで対応いたします。

こんな須賀川店ですが、オープンしたてでご迷惑おかけしますが、ぜひご来店してみてくださいませ。よろしくお願いいたします。

 

 

「私が飲食店を通してお客様にお伝えしたいこと」

「私が飲食店を通してお客様にお伝えしたいこと」
今日はちょっと真面目な話をしますので、長いですが気が向いたら読んでください。私が農家さんを、含めすべての生産者の方々を尊敬、感謝するきっかけのお話です。決して調理する方の批判では無いので、気を悪くされた方はご容赦ください。


私は毎年妻の実家の稲刈りを手伝っております。確か、8年前位から手伝っています。飲食店で働いていながら恥ずかしながらそれが人生で初めての農作業でした。
義父の田んぼは、天日干しでコンバイン等を使わないとても時間と労力が必要なアナログな農法です。
稲を刈って、刈った稲を集めて、稲を掛ける。そして数日してから掛け返し(1度掛けた稲を逆向きにしてまた乾燥させる)をして、脱穀して、籾摺りをして、玄米になる。


文章で書くと3行程度ですが、実際やってみるとこれがものすごーーーく労力と時間がかかりとてもとても大変です!!!農作業初めての私には今までで感じたことのない衝撃でこんなに苦労をして米ができるのかと思うと、お米の大切さを感じました。
そして、数日が過ぎ新米を食べた時はもっと衝撃でした。
「今まで食べた米の中で1番うまい。」
それはおかずがなくても、本当にお米だけでご馳走になる食卓でした。そこには特別な調理人もいなければ特別な調理法でもなく、ただ電子炊飯器でごく一般的な炊き方をしたご飯でした。
この経験は飲食店をしていて、とても新鮮でした。私の義父のお米は別に日本一美味しいお米では無いのだと思います。でも、私にとっては紛れもなく日本一美味しいお米です。
それが何故なのかと思うと自分で実際田んぼに行き、苦労をして刈り取り、一生懸命脱穀、するすをしたお米ということが、ものすごく腕のいい調理人や、極上の品質のお米では無いのです。(
かといっても今時天日干しのお米は貴重でとてもひいき目なしに美味しいお米です)
その生産現場に携わったということが、最高の調味料となり、それが日本一美味しいお米という風に感じれたのだと思います。
私はこの経験を通して農家さんの素晴らしさを感じ、自分が今まで知らなかったことを恥じて、この経験を飲食店で表現したいと思っています。
どの農家さんもこの様に苦労して手間ひまかけて農産物を育てています。その時必要なもの(水、栄養、温度、等)を見極めながら、この労力をかけてると思うとただただ頭が下がります。私にはこういう単純作業しか手伝えませんが、お客様に伝えるにはと日頃から頭を悩ませております。今後もしのやを通して少しでも私のこの感動を伝えられる様に様々な農家さんの力をお借りしながらお客様にお伝えしていければと思います。
ふくしまという土地は街中でも少し車を走らせればすぐに農地があります。皆さん見慣れた風景かもしれませんが、一歩中に入ってみると今までの価値観ではない世界が拡がっているかもしれません。ぜひ私たちと御一緒しませんか?
自分で農作業してから食べる食事とお酒はとても美味しいですし、とても幸せな気持ちになれますよ!!
これは農家さんだけに関わらず、酒蔵さんもそうだと思います。この尊敬の念と感謝の気持ちをお客様の喜びに変わる様に一生懸命努力したいと思っておりますのでよろしくお願いしますm(_ _)m
長々と読んでいただけた方々ありがとうございました。乱文にて失礼しました!!なんか急に稲刈りの風景を見て思い出したので書かせていただきました!!
失礼いたします!!

感謝祭協力企業ご紹介その13~設楽農園様~

こんばんわしのや篠原でございます。本日のご紹介は、夏場のきゅうり、冬の長ネギを作られている。須賀川の設楽農園様のご紹介です。

設楽農園様には当社は、春にウド、夏にきゅうり、冬には長ねぎをお世話になっております。

 

設楽さんは野菜を作るではなく育てると言います。野菜は一つ一つ同じものはなく、病気になっているものがあれば、水や栄養が足りないものもあるし、その年ごとに雨が多かったり、気温が高かったりと、環境も全く違う中で、いかにおいしい野菜を「育てる」のか。農家は成長の手助けはできても、作ることはできないというのは、そういった意味でお話しておりました。

 

そして設楽さんの育てる野菜は、とにかく「美味しい」です。キュウリやネギの素材としての美味しさがギュッと詰まっていて、サイドメニューやあしらえで使用してしまうのは、もったいないものばかり。当店ではただいまきゅうりのステーキでメインディッシュで提供しております。

そして感謝祭当日は、きゅうりを提供させていただきます。きゅうりのみずみずしさ、おいしさをそのまま味わっていただきたいので、まずは生でお召し上がりいただきます。そして、もう一品はきゅうり天ぷらも提供させていただきます。ぜひ日本酒と合わせていただきたいと思います。

画像のようなまっすぐ伸び伸び育つ理由をぜひキュウリを手に取り味わいながら耳を傾けてみてください!!明日皆様のご来店心よりお待ちしております。

感謝祭協力企業ご紹介その12~関谷農園様~

皆様こんばんわ!本日のご紹介は、関谷農園様です。

関谷農園様は白河市にありまして、圃場は車で5分程の所で栃木県との県境の場所にあります。震災の時は、そんな距離が変わらないのに、目の前の栃木の野菜は売れるのに、ふくしまの野菜というだけで売れないと大変苦労した農家さんのお一人です。

そんな経験もあり、今ではCOOLAGRIという団体で理事をやりながら農家の仕事をしていて、「次世代に繋がる農業」を目指している、かっこいい農家さん。

生産しているものは、多品種にわたり、トマトやパクチー、ミント、イタリアンパセリ、人参、きゅうり、米、かぶ等々本当に多くの野菜を生産しております。

 

こんなしのやのデザインも提案いただきとてもお世話になっている農家様です。

感謝祭当日は、カボチャ、ミントをその場で摘み取ったモヒート、そして6次化商品で作った炊き込みご飯を振舞っていただく予定でございます。

写真は当店で提供した青トマトの冷やしおでん。青トマトは通常の物流には乗らない食材なのであまり他店では食べれない商品です。

 

当日皆様のご来店心よりお待ちしております。

感謝祭協力企業ご紹介その10~ワンダーファーム様~

皆様こんにちわ!!しのや感謝祭まで残す所あと3日となりました。雨の予報が心配でしたが、降水確率が10%となったので何とか開催できそうです!!しかし最高気温が21℃と肌寒いですので温かい格好でお越しください!!

さて本日のご紹介はワンダーファーム様です!!

ワンダーファーム様はいわき市四ツ倉にあるトマトのテーマパークといっても過言ではない、レジャー施設でございます。四ツ倉インターを降りて5分くらいの好アクセス、トマトの栽培はもちろん、広い芝生の広がるイベントスペースに、ケチャップやジュースの作れる加工場、トマトソースを使ったピザなどを食べれるレストラン。地域の特産品や、トマトジュースやソース、ケチャップなどが買えるショッピングコーナーなど盛りだくさんの施設です。

施設ではトマトの収穫体験もでき、様々なカラートマトの食べ比べも体験でき、トマト好きや、トマトの苦手な方も色々お試しできる施設でございます。ぜひこちらのホームページをご覧ください!http://www.wonder-farm.co.jp/

 

当店でもカラートマトの盛り合わせで販売していますが、女性のお客様を中心にとても人気メニューとなっております。

 

 

感謝祭当日は、様々なカラートマトをご用意しておりますので是非お楽しみください!!

感謝祭協力企業ご紹介その9~会津酒造様~

本日のご紹介第2弾!!会津酒造様でございます「金紋会津」や「会津」、「凛」など様々なお酒と醸していますが本日は当社で扱わせていただいていおり、感謝祭でも振舞われる、「山の井」「シトラス」をご紹介させていただきます。今まで飲んだことのなかった方にぜひ飲んでいただきたいです。

まず「山の井」のご紹介からさせていただきます。杜氏である渡部景大さんは「山の井」とは自身の挑戦作であり、色々なことを経験するためのお酒です。そして「山の井」として今後飲みやすくて飽きの来ないしかし芯のあるお酒にしたい。そして何より自分が飲みたいお酒にしたいとおっしゃっていました。

私はこうおっしゃってくださった時のキラキラした景大さんの顔をとても鮮明に覚えております。

次にシトラスのご紹介です。シトラスは、かぼすとすだちとゆずのリキュールで、程よい爽やかな酸味とほのかな甘み、上品な香りが特徴です。ベースが日本酒なんですが、日本酒が苦手な方も、甘いお酒が苦手な方にもおいしく飲んでいただける一本でございます。当日は、ジャンボナメコの天ぷら等と合わせてみていただきたいと思います。

ぜひこれを機会に感謝祭でこちらもお飲みくださいませ!!皆様のご来店心よりお待ちしております。

感謝祭協力企業ご紹介その8~ふるや農園様~

皆様こんばんは!!遅くなりましたが、本日もブログ更新したいと思います。感謝祭まで残り10日を切りました!!楽しみですね~。

 

本日のご紹介は「降矢農園様」です。

ふるや農園様での生産物は、里の放牧豚、いちご、カイワレ大根、サンチュ、豆苗など様々なものを生産していますが、今回感謝祭で提供させていただきますのは、里の放牧豚を加工してできた生ハムでございます。

通常決まった敷地内でぎっちりと詰めて歩けるスペースもないような場所で豚は飼育されます。しかし里の放牧豚とは、ふるや農園さんの広い里山を駆け回り、太陽の光をたっぷり浴びストレスとは無縁の環境下で育てております。そのため運動量が多いので、エサも通常の1.5倍かかりますが、歯ごたえがあり、油はコクと香りが高く、甘みがある肉質となっております。それを生ハムに加工しまして、当日そのまま食べてもよし。先日ご紹介させていただきました、渡辺果樹園様の梨と一緒に食べてもよし。ぜひご賞味くださいませ!!

 

また、いちご農家さんによるデザートカキいちごもなんと食べれちゃいます。カキいちごとは、冷凍したいちごをかき氷のようにスライスし、練乳をかけて食べる冷た~いデザートです!!

ぜひぜひこんな魅力たっぷりのしのや感謝祭ぜひお楽しみにしていてください!!雨が降りませんように!!

感謝祭協力企業ご紹介その7~豊國酒造様~

9/3まで残す所2週間を切りました!!本日のご紹介は「一歩己」を醸す、古殿町の豊國酒造合資会社様です。

昔ながらの手作業を大切にし、「一歩己」に関しては、洗米機によってできる酒米の傷を懸念し、手洗いをする。また酒造りに携わるすべての人にお米を手で触れることによって苦労をし、責任を共有するという狙いもあると杜氏の矢内賢征氏は話してくれました。

また麹室でも8キロずつの小箱に入れたり、絞ったお酒はサーマルタンクにて保存したりと温度管理までぶれなく精密にできるように管理していました。「一歩己」の由来ですが、誰もがうなづける酒を造りたい。焦らず、急がず、弛まず一歩ずつ進むということが由来だとも語ってくれました。

よろしければこちらの動画もご覧ください。9/3スタッフ一同、そしてご協力いただける企業様とお待ちしております。

追記当社の山内さんも早くから出社し皆様が分かりやすいように看板作成しておりますので、そちらのクオリティもお楽しみに!!

 

 

 

感謝祭協力企業ご紹介その6~渡辺果樹園様~

感謝祭のチケット完売いたしました。みなさまありがとうございます。皆様が楽しめるように、いろんなこと盛りだくさんで考えていますので皆様よろしくお願いいたします。

さて本日のご紹介企業は須賀川にて、ご夫婦二人三脚で桃、梨、洋ナシを生産している、渡辺果樹園様でございます!!

渡辺果樹園様の魅力  徹底した品質管理

 

「今年のできが来年買ってくれるか決まる。」と代表の喜則さんはおっしゃっていて、現に当店にくる果実は、とても糖度、見た目、味の濃さ申し分なく、加工せずにお客様にそのままかじりついていただきたいくらいのものが納品されます。

また堆肥には地元酒蔵様の松崎酒造さんの酒粕を混ぜて自家で作られたり、肥料も人間の口に入っても害のない、なたね、大豆、カニ殻、エビ殻、魚かす、豚や鳥や牛の骨等々、を混ぜ自家で発酵させ作られております。何がどのくらい入っているかわからない市販の肥料は使わず、お客様の口に入っても安心できる肥料づくりをしているところにとても感銘を受けました。このような取り組みが評価され、農林水産大臣賞も受賞歴があります。

当日は梨の収穫のピークなのでいらっしゃれないと思いますが、感謝祭にて梨も提供させていただきます。ぜひ、堆肥の中に酒粕も入ってる「廣戸川」と「梨」のマリアージュをぜひご堪能しにいらしてください!!

 

9/3感謝祭にてお待ちしております。

 

 

感謝祭協力企業ご紹介その4~鈴木農園様・まどか菜園様~

本日のご紹介は、当社の人気メニューにして、農家さんとのつながりの大切さや地元の食材の素晴らしさを教えていただけた、ジャンボナメコでおなじみの「鈴木農園様・まどか菜園様」でございます。

 

代表である鈴木清美さんには、ジャンボナメコ、枝豆(おひさまの香り)、パドロン、プチピー、さつまいも(めんげいも)等々とてもお世話になっている農家さんの一つでございます。

 

感謝祭には、当店で人気のジャンボナメコはもちろん、パドロンや枝豆等もお持ちいただく予定でございます。

 

ナメコにはぬるぬるの成分「ペクチン」があります。ペクチンには、アルコールで荒れた内臓をいたわってくれる効果があり、二日酔いも抑えてくれるそうです。ぜひおいしいジャンボナメコを食べて、翌日にアルコールを持ち越さないようにいっぱい食べてくださいね!!

 

また農場も開放感あふれる圃場も魅力の一つです。この写真のように私たちも見学の際伸び伸びと太陽を浴びてまいりました!!

大人の農業体験KITCHEN~まどか食堂~

としてお客様で収穫体験をし、それを参加者みんなで調理してみんなで昼食を食べるという企画もやられておられるので、ぜひ皆様参加されてみてはいかがでしょうか?

ぜひそんな素敵な鈴木さんに会いに来てくださいませ!!皆様のご来店お待ちしております。